« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

ライター募集。

きずけば、もう5月も終わり。
GWがあったから妙に早い。月日の進むのは早いけど、仕事はちいとも進みませんねえ。

そうそう、来週から長期出張のため、(土曜くらいから)しばらく更新をお休みします。

その間、誰かココに書いてみませんか?
来たれライター。スペース貸します。
リレー日記でもいいかもね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

今日の石原節。

「沖ノ鳥島へ上陸して、ひとことお願いします」

『うるせーよ!』

■石原慎太郎公式ウェブサイト「宣戦布告

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡 雑貨と家具の旅。

050521_123102050521_135401050521_160601050521_161201050521_150802050521_164301050521_165301050521_170901


| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんでもバファリン。

診療所で薬をもらう。
「バファリンは飲めますか?」
『ええ、バファリン、好きです』
物心ついたころから、頭痛にバファリン♪で育ってきたので、頭痛けりゃバファリンでなんとかなってきたし。

「バファリンは痛いときに、飲んでください。たとえば、足をガーンって打ちつけて痛いときでも効きます」
『えっ@_@;』
「まあ、おなかが痛いときでなければ、たいていの痛みには効きますよ」

知らなんだ。これまた36年間ではじめて聞いた。
バファリンって痛いときに効くのね。

帰って、王に自慢げに話すと、
<知っとる。わたし、肩こりの時にものんでるし>
『・・・』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亮 今日の食いしん坊な寝言。

「もう、食べられない・・・」


「あ、でも肉なら食べれる」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

工藤夕貴。

英語でしゃべらナイト」に工藤夕貴がでてる。

この前の「いつみても波乱万丈」を見てから、ちょっと心の片隅にひっかかる存在。波乱万丈を見るまでは、いまさらなんで工藤夕貴なん。ハリウッド女優だとかなんだとか言って、どうせハリウッドで通用せんかったけえ、日本に稼ぎに戻ってきたんやろ・・・と、昔のアイドル時代をイメージして、(はっきりいって)偏見の目で見ていた。

ところが。
彼女は変わっていた。見事な大人になっていた。
英語がものすげ、うまかった。それはものすごい努力したらしい。ハリウッドで女優の座を射止めたものの、自分を育ててくれた母親のそばにいたいために、日本に帰ってきた。
彼女はすごい苦労をしてきて、成功をつかみかけたが、日本に戻ることを選んだ。

英語でしゃべらナイトでも、彼女の英語に圧倒された。パックンもたまげるほど。
人間は変われるもんなんやなあ・・・

多分これから、いろんなメディアに登場してくるだろう。
ただ、「家族のために戻ってきた」と言っていた(ある意味正解だが)、佐々木のようになってはならない。


彼女の出演した、「ヒマラヤ杉に降る雪 Snow Falling on Cedars 」。観てみたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

♪あ、あ~あ~あ~あ~~。

交流~三連戦~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

逆上がりのコツ。

050514_145101うちの王子、ようやく逆上がりができるようになりました。
おめでとう。感動した!

先週は、同じ公園で練習中、逃げ出すように帰ってきたのに。泣きながら・・・
運動神経のブチ切れている親のもとに生まれてきて、かわいそうなわが子よ。

おとうが、ちょっとやってみせる訳にもいかず・・・
厳しい先生で、毎日逆上がりの特訓がある、とかなり凹んでいた。

が、しかし、先生のおかげもあり、なんとかコツをのみこんだらしい。
いまでは3回に1回は、なんとか鉄棒の上にカオをあげることができる。


はたして。子供にアドヴァイスするにも、どうしたらよいものか。

そう、ものごとにはコツがある。
ということで、webで「逆上がりのコツ」で検索すると、出るわ出るわ・・・
みんな同じような悩みがあるのだね。

・うちのクラスは、全員逆上がりができるよう、がんばってます。
・教員試験に逆上がりがあるのですが、どうやったらできますか?
・いい練習器具はありますか?
などなど。

いろいろチェックしたけど、とくに↓の、大阪の小学校の先生がまとめたwebはとても参考になった。

■おすすめ「逆上がりのコツ」特集
インターネットで体育の学習・アニメーションでできるコツをつかもう・鉄棒編・逆上がり
・アニメでポイントがよくわかる。

さかあがりはだれでもできる!指導のテクニック
・できる子とできない子の違いをビデオで観られる。解説付き。
・できなかった子が、できるようになったあとの比較ビデオとか、参考になる。

この方は、本件で、日本代表でアメリカに発表に行かれています。
「逆上がり」ができることよりなにより、「何事もあきらめずに最後まで努力すること」 この姿勢を身につけさせたい。
インターネットはそのためにも、ものすごい便利なツールになる・・・って。


050514_155801で、わかったのは。
・勢いはつけなくてよい。
・踏み切りを鉄棒の近くで。
・はじめは腕を伸ばして。
・鉄棒に巻きつくカンジ。

頭でイメージして、今日はオイラもチャレンジしてみたが、あと少しってとこまでいったよ。
すんげえ情けない格好やったろうけど、多分知った人がおらんような公園やけ、はりきってしまった。
なにしろ、体重がねえ。このハンディは大きい。
少しやっただけで、腕が死んだ。


今日はごほうびに、彼が大好きな鞘ヶ谷の「魚蔵 UOKURA」へ。ちょっとしゃれた寿司屋。ええ、お皿が回るヤツですけどナニか?

ここへくるといつも、炙りモン三昧。
おすすめは、炙りステーキ、炙りトロ、炙りサーモン。各240円/皿なり。

ほとんどが120円/皿か、240円/皿の価格設定。
「回転寿司のある和食堂」というコピーで、テーブル&座席で落ち着いて普通に料理を楽しむこともできる。
ステキな雰囲気のお店、おいしさのわりにリーズナボー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

frou-frou。

050420_120401家から近いフルフル・frou-frouさんです。

お庭のデッキからスリッパでおぢゃま。

一部屋分というかわいいスペース。センスのよい品揃え。ひさびさツボにヒットするお店。
こういう「かわいいお店」は、幼稚園ママのあいだで口コミで広がってきます。

部屋のいぢり方や、ガーデニングにもヒントがいっぱい。
天気のいい日に行くと、とても気持ちがいいお店です。

真っ先に目についたシェルフを連れて帰りました。


frou-frou
北九州市小倉南区下吉田4-19-1
火曜日・水曜日のみOpen 10:30~17:00

ひっそりと住宅街の一角にあります。アクセスにはコツが必要ですね。
一度チャレンジしたけど、たどりつけんかった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ローレライ(ネタバレ注意)。

ローレライ(★☆☆☆☆:東宝2005年)。

だんだんと上映館が絞られてきた、ローレライ。
この前の映画の日に行ってきた。

原作「終戦のローレライ」を泣きながらようやく読破したあとで、どうしても観ておかなくては・・・と行ってきたのだが。

ざ、残念。
だから邦画は・・・。

こら、清永。
なんで、野球のボールを落として、手が抜けんくなって死んでまうのか?
安っぽすぎ。

全体的になんぢゃこりゃ??って、ストーリーになってるし。
はじめに映画をみたら、きっと、わきゃわからんことになってたやろう。

まあ、「終戦のローレライ」とは別物と思って観たらいいのかも知れないが。原作があれだけよかっただけにくやまれる。福井敏晴ゴロシやね。
しかし、文庫本で4冊分を2時間に押し込めるのはとうてい不可能。原作を生かそうとして、死んでしまった、悪い例。

パウラがかわいかった!のが、唯一の救いか。

ローレライ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鯰田駅。

050511_090103なまずだ駅です。「♪青森駅」には負けません。

ひびきがぬめっとしてステキ。
ひょっとして、むかしこのへんの田んぼに鯰がいっぱいおったから・・・、という由来だったらびつくりしますが。

なんだか懐かしい駅。
駅長さんひとりでキリモリ。乗降客max2人!の、のどかな駅です。

仕事で、ここ3ヵ月で数回利用。
降りるたびにどんよりするのは、駅のせいではないのだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハバネロ vs カラムーチョ。

050501_061502辛さ1.5倍の暴君ハバネロと、辛さ2倍のカラムーチョをコンビニで発見。
しかも「数量限定」と聞けば、即買いでしょう。
ねえ、どっちが辛いと思う?

家で食べ比べたら・・・

つぎの日、しっかり下痢になりました(笑)


ちなみに、辛さ1.5倍のハバネロの方が、辛かった。ように感じた。味も、ハバネロの方がいけてると思う。
ちなみに、お子様はマジでやめといた方がいい。袋にも注意書きがあったが、亮とゆりはしっかり食べて、一家でゲーリークーパーに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土居珈琲。

050508_062301おうちカフェプロジェクト。
カフェというからには、やはりコーヒー豆にこだわらなくてはならない(笑)
んでもって、webで気になってた、ドイコーヒーのコーヒーが届く。

これは、土居博司氏が5月4日に焙煎されたもの。
注文を受けてから焙煎に入る、鮮度へのこだわり。

スターターキットみたいなので届いたのは、
・タンザニアモンデュール
・モンド ノーボ ドライ オンツリー
の2種類。

何よりもにおいがいい。
私は、コーヒーのにおいが大好きだ。
さっそく淹れてみる。
ええ、普通にペーパードリップで。

なんだ、このモコモコした泡の盛り上がりは!

そして、雑味のない、味。
ほどよい酸味もすっきり。
うん。何杯でもいけそう。

とっても贅沢なひととき。
やっぱり、マシンが欲しいけどね。

珈琲ライフ贅沢倶楽部/ドイコーヒー

| | Comments (2) | TrackBack (0)

マリーナホップ。

050504_180203錦帯橋は朝早くに渡れたので、ちょっと欲をだす。
広島の市街で、お好み焼きを食べ、ええ、お好み焼きを食べただけ。
いろいろお店をみたかったけど、結局子供たちがぐずって、ハンズにしか行けんかった。

帰りにアウトレットショップの看板をちらとみつけて、海の近く、広島西飛行場の近くの「マリーナホップ」にたどりつく。
結局、道は一本だったけど、途中の案内の無さに閉口。

周富徳が来てた。
彼は、みるからに疲れきっていた(笑)

結局ナニも買わず、マックの100円ソフトでしめる。

広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップ
1950年代のレトロなマイアミをイメージしたアウトレットモールなんだとか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩国城&錦帯橋。

iwakunijo_400iwakunijo2_400山口県のコテコテ観光地シリーズ(その2)。

錦帯橋は、かけかえですっかりキレイに。
実家を朝早く出たので、ずいぶん早く到着。

かなり年とったロープウェイで、岩国城へ。
眼下に錦帯橋が見える。

つつじがキレイな季節になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩窟王。

gankutsuou_200秋芳洞の岩窟王。

山口県のコテコテな観光地といえば、秋芳洞ですね。
何十年ぶりかに訪れた。

でっかい洞窟のなかで、やっぱココは涼しいぞ。
ゆりは後半怖がってました。

結構インパクトあるもんねえ。
自然の力は偉大です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

角島(その2)。

tsunoshima2_480今日は天気がとてもよくて、まさにドライブ日和。角島大橋は大渋滞。
映画「四日間の奇蹟」のロケ地となったことで、もっと観光客増えるかもね。

「映画の人も観たよ。キレイじゃった」

「うんにゃ、日ごろは、こねーに(車が)おりゃーせん」
「人もすごいが、ゴミもすごい。あーあ」
橋の入り口の売店のおばちゃん。
客の相手もほどほどに、外のゴミ箱へ走る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

角島。

tsunoshima1_600いきあたりばったりGWツアー。
実家に帰るついで!?に、角島によってみた。

この海の色。
日本(本州に)にいるとは思えない。

たしかに、昔も海はきれいやった。
同期でキャンプに行ったときは、特牛から渡し舟で渡ったもんやけど。
キャンプ場の毛布のダニにやられたのだけ、覚えてる。

いまでは、角島大橋のおかげで、一挙に観光地と化す。

このあたりの情報はしおかぜの里角島で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自慢のピンバッチ。

クラブホークスの入会グッズは、レプリカユニフォーム、リストバンド、継続年数を刻んだピンバッチ。
いいでしょう。
これに、チケット優先予約などの特典がつく。

ええ、わたしは、年間3,700円スタンダード会員ですけどね。この上には、30,000円のゴールド会員、150,000円のプラチナ会員があります。貧富の差を実感できる瞬間でもある。

さらに、頂点には、一時期オークションで売られていたダイヤモンド会員ってのがありました。結局いくらになったのかはナゾ。
このクラスだと、選手仕様のユニフォーム一式と、打撃練習が間近で見れる権利、優勝パレードのときゴール地点でお迎えできる権利など、てんこ盛り。

そうそう、おこちゃま向けに1,500円のジュニア会員ってのもありました。
SoftBankになって、さらにきめこまやかになった。なんてったって、フリー会員ふくめて、100万人をめざす!らしいから。ステキ、孫さん。


050503_073801オイラの自慢はこのピンバッチ。
みてクサイ。よってクサイ。なんと、『12』っすよ、12。

ファンクラブを、12年間継続してきているって証ですね。
正確には、それ以前から入ってるけど、継続の仕組みがなかったからね。ファンクラブにも家族全員で入ってたけど、それはズボラ王が許さへんかった。

売れない時代を支えてきたわけです(自負)

おもえば・・・
いまでこそ常勝球団にあげられるが、入会当時は、それはそれは、弱かった。
何点とっても安心できない試合運び。よく、閉店前の大セールと揶揄された。
鷹の目のついた、ガッチャマンヘルメットもヘンやった。門田にはめっちゃお似合い。アニメのデブキャラ状態。

それでも、準フランチャイズの北九州には月イチで来てくれてたし、毎回へんな帽子をくれたりと、地道なファンサービスを続けてきた。

ジョーや、シバ(祝!1000本安打)たちの年代、松中、井口、がようやく脂がのりきった99年。
忘れもしない、1999年9月25日。リーグ初優勝。
TVの前で泣いたよ。
TVの前で記念撮影したよ。

あの売れない時代を知っている人は、少々負けが続いたってガタガタいわない。
福岡に、北九州に、球団があることだけで、うれしい。


クラブホークス、詳しくはコチラから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっと来た。

050503_073701クラブホークス。

ようやく、SoftBank HAWKSのファンクラブの入会グッズが届いた。
SoftBankになってファンクラブがどうなるのか、かなりゴタゴタしたけどね。

ゆうパックの不在通知が通知が入ってたので、取りにいこうかな~、って思ってたら、
朝イチで、ピンポ~ん!
ゆうパックのおいちゃんがきた。

『これが無いと、応援ができんやろうがっ』
(怒られてる!?)

「あ、ありがとうござます。いま取りに行こうと思ってところで・・・」

『わしゃ、この周りだけで、もう300も配ってやったバイ』

配送員が送付物の中身をみてコメントするなんて、きっと都会やったら「プライバシーの侵害ざますっ、キーっ」ってことになるんやろうけど、ここ田舎では、そんなコミュニケーションもありがたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

七輪サイコー。

050502_183702天気もいいので、晩御飯は急遽七輪パーティに。

七輪は、火起こしが楽勝。
炭の量も少しですむ。

しかも、七輪は水分を嫌う。
ということは・・・洗わなくて良い(コレ重要)。
まさに、メンテナンスフリー。
さすが、日本の知恵だ。
ナフコ万歳(笑)

家族4人で食べる適量が焼けるし、炭火で肉も野菜もおいしいねえ。
今日はモールの肉屋で、(こりずに)丸腸を調達してもらいました。
脂がびゅんびゅん落ちて、あっという間に火だるまになった。

亮は、さすがに丸腸には手を出さず・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の家を間違えたとです。

050501_090701これ、カタツムリよねえ。

こんなカラもあるんやね。

昨日の雨で発見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もみじの湯。

050430_181701もみじの湯 (★★★☆☆:深耶馬渓温泉郷)。

久々のいきあたりばったりツアー。

とくに予定もたててなかったGW前半。温泉でも行きたいねえ~、と、近くの温泉を探しはじめた。
豊前系はほとんど制覇したし、いつも人が多いのでちょっと・・というカンジなのだが、
「たしか耶馬溪に新しい温泉ができたはず」とのズボラ王の情報をもとに、たぶんこれやろ、とwebでわずかな情報をピックアップ。
家を出たのは15時ごろ(笑)
明日もとくになんもないし、ゆっくり風呂に入ってかえるつもりで。

途中、三光村のジャスコなんかによって、結局たどりついたのは18時すぎ。
耶馬溪はわりと近いんだけど、耶馬溪→深耶馬渓って結構距離あるのね。最近行ってなかったので、すっかり忘れてた。耶馬溪ダムをあがってから、途中前後にクルマが一台もいなくなって、泣きそうになる。

昨日行った、「もみじの湯」は、2004年10月30日オープン。
時間的に人が少なく、貸切状態で、亮とひさびさ素潜り大会(笑)
露天風呂もゆったりしていて、気持ちいい。
源泉かけ流しで、最近の温泉センター系にある、プールのにおいが皆無なのがうれしい。

ちょいぬるぬる系のお湯。
500円は周囲に比べて高めの価格設定。こんなん建てられたら、うちのお客が奪われる!と当初からクレームをつけている、まわりに配慮しているようだ。
なんてったって、近くにある耶馬○観光ホテル。か、観光ホテル!?ってカンジやもんね。


おかげさまで、
久々、うぉぉ~と叫びながら、ゆったりお湯につかることができた。

こういうとき、「じゃ、今度はわたしがお背中ながしましょう」とすりよって来る亮(8歳)は、やはり年齢詐称だと思う。

なによりも、新しい施設。施設全体に木がふんだんにつかってあって、とっても気持ちがいい。


-----
深耶馬温泉館 もみじの湯
料金:大人500円 子供300円
TEL 0979-55-2770

詳細地図

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆり 今日の変えときましたから。

昨日の晩、ゆり(5歳)がPCをごそごそいじっていた。
XPで最初に現れるユーザーアカウントのアイコン(うちでは、昨年行ったTDRのディズニーキャラ)が、どうも気に入らないらしい。

眠たいのでほったらかしにしてたら、なんとかその画像を変更するところにたどりついたらしく、
『ねえパパ、これ、どうやったらかわるん?』
「Wクリックやろ・・・(適当に)」

朝起きたら、
なんと、
くぼたか→ギター
ママ→お花
りょう→サッカーボール
ゆり→犬
に見事に変わっていた!

おそるべし。だてに頭がでかいだけやない(笑)
きっと、ズボラ王にはできんワザ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »