« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

さですてる。

「Matthew's Best Hit TV+全国なまり頂上決戦SP」
いつもは夜中にあるマシュー。とくに「なまり亭」は大好きなプログラムのひとつ。
カナリ前のなまり亭に出てるのを見てから、熊田曜子が気になりだしたし。
タレントは、方言をしゃべっているときの方が、かわいくみえる。

今日はゴールデンということで、とくにおいしい。
山口が生んだわれらの吉本みっちょんがでてた。

「さですてる」
お、全国ネットで「さですてる」いいきった!
子供のころ、親父やお袋に何度いわれたことか。
最上級の激怒の言葉。
そう、とくに部屋を片付けていないときに、「さですてるど!」
実際に「さですてられた」こと数回。

ことばだけではいみわからんけど、訳すと「いつも言ってるのになんであなたは片付けないのよ。今日という今日は、もう、全部捨ててしまうわよ」。というカンジかな。

しかし、久々にみっちょんを見た。まだいたんだ。昼ドラ出てたんでしたっけ。芸能界でのポジションは微妙で、すっかり妹分の西村知美にやられてしまっているが。
がんばれ、みっちょん。
あの、デビュー当時のまだあどけないみっちょん。好きでした。
デヴュー曲 ♪白いバスケットシューズ 歌えるぞ。
デヴュー前、みっちょんと文通(!)していた先輩をわたしは知ってるぞ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆり 初削り。

050627_212002「近頃の子供は、鉛筆も削りきらんのんやろーねー」とか、ぶつぶついいながら、カッターで鉛筆を削ってやってると。

どーやってやるん? ゆりがカッターと色鉛筆とティッシュを持ってきた。

持ち方を教えてやった。
ちょっとばかし、指を切ってみるのもいいもんだ。とか言ってたら。もー、ヘンなこと教えんとって。と王。

豆のような手で、鉛筆をまわしながら、初めて鉛筆が削れたよ。
太っちょなところを削ってと。
ほら、できた。
とハナノス広げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ばあちゃん、ありがとう。

土曜の早朝に、ばあちゃんが亡くなったとのTEL。
容態が急変したそう。

よーしゃべって、よー笑うばあちゃんやった。
旅行が好きで、じいちゃんと全国各地を旅してまわった、タフなばあちゃんやった。
ここ数年で、めっきり弱ってしまってたけど。こんなに急に亡くなるとは。
結局、お見舞いに行けなかった・・・。

孫、ひ孫一同で色紙にメッセージを寄せたのだけど、「ばあちゃん、楽しい思い出をありがとう」というメッセージが一番多かったね。盆・正月に、じいちゃんやばあちゃんのもとに集まるのは、小さいころの我々の貴重なレジャーのひとつやったもん。


わたしはといえば、
今年に入って、身内や友人が相次いで急逝し、「死」というものに対する特別な感情は、薄れてきた。
アチラの世界に行った人たちのためにも、コチラの世界にいるうちに、生きている人間がベストを尽くすのが、きっと最大の供養になるのだろう。

いや、ベストを尽くすのは、プレッシャーなんだよね。

生きていること自体がすばらしい。
これ、まさに、

「命どぅ宝」

なんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HUG O WaR。

050624_125903ミーハー王。ついに、全国の雅姫さん信者の聖地、HUG O WaRへ。

webのマップを頭にインプットして、とりあえず駅の出口だけ間違わんように、(注:恵比寿Ekoca事件参照)、汗をふきふき・・・、駅からは近かった。
とくに大々的な看板があるわけではなく、ひっそりとお店はあったのだけれど、そこだけ、あっココが「ハグオーワー」やんってすぐわかる雰囲気。
ディスプレイにはアンティークなイスたち。さりげないリネン使い。店内2Fにいきなりキッチンがあったり、とてもかわいいお店。
おっさんリーマンは5mmくらいは浮きまくっていたとか、いなかったとか。

050624_125901そう、ここは自由が丘。
じつは、初めて訪れる場所。
自由が丘っていうと、何十年前か前にTVでみたフローレスセイコ(笑)で、ちょっと高級な街なんでそー。というイメージやったが。それって、シロガネーゼかねえ?

実際に自由が丘駅をおりたら、道は細くてクネクネしてるし、おいおい、そんなとこ入るのかよってとこにバスが進入してくるし、なんとなくゴミゴミした街(ゴメンナサイ)。
ゴミゴミはしてるけど、ちょっとした雑貨屋さんやかわいい服屋さんが多い。スイーツのお店もあっちこっちに(ココがモンブラン発祥の地なのだよ)。
「quatre saisons」「私の部屋」もあったけど、こっちにあるそれらとまるで違うカンジがステキ。看板や通りから見えるお店のディスプレイが、どこも凝ってる。それ眺めてるだけで楽しい。全部みてまわるにはとても時間が足りないっす。

自由が丘の情報は、自由が丘オフィシャルガイドブックが充実。
ここで研究してまた探検してみるべし。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

今日のそれってホメ言葉?

ねえ、お父さんってさあ、

うちの家族でいちばん麦わら帽子がにあうねえ!

お菓子のおじさんみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脱健着患。

050619_194301左手骨折のアニ。
(かわいそうやけど)あまり手を出さずにしていたら、ヒトリでシャツを脱いだり着たりできるようになった。

どうやって着るのか、しばらくながめていると。
脱ぐときは、まず右手を袖から抜いて、ギブスのある左手を脱がす。
着るときは、ギブスのある左手に先に袖を通して、首と右手を強引に突き出す。

以前、介護の勉強ときに、

「マヒがある方は、どっちからシャツを着るのが良いか?」

という問いがあった。

先生は、「脱健着患(だっけんちゃっかん)」とホワイトボードに書いた。

脱ぐときは健側から、着るときは患側から。
頭ではわかっていても、イメージはなかなか・・・

脱健着患、自然な形はそうなんや。
と、亮をみながら思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の酔いを醒まさないと。

とりあえず、会期を55日間延長してみました。


ったく、ナニやってんだか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝 初本塁打! でかした正太郎。

ついに、我らが井手正太郎が、1軍で初HR!
(もち、いろんなところでHR打ってますよ)

とっても、きれいな弾道でした。
おもわず、社会人野球に出てたあの日、北九州市民球場で見せてくれたサヨナラHRを思い出す。
HAWKSの次世代は、正太郎にまかせろ。
来年の背番号が楽しみな今日このごろです。

彼の近況は、
今日もい~です「正太郎日記」
で。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「萩の月」サイコーバイ。

050614_210003ベガルタ仙台のサポーターさんから、「萩の月」をいただいた。
夜中にもかかわらず、さっそく、子ブタたちとがっつく。

決してしつこくなく、奥深い甘さ。そう、なつかしい「卵」の味。
この手のお菓子は数々あるが、やっぱ「萩の月」サイコーバイ!

この場を借りて、ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ナウシカ派。

mAsaMiさん。 (遅くなりましたが)TBありがとうございます。

わたしは、ファーストインプレッションから、
♪風の谷のauシカ~ が頭を巡ってますが、あれって、エーユーシカが正式名なんですかねえ。
しかも、幻でなくなってしまって、さらに残念です。
幻は幻であるがゆえ美しい・・・

さて、W31Sの使い心地はいかがですか。
わたしはW21SA(もう古いか)を愛用してますが、mAsaMiさんのブログをみてたら、物欲がふつふつと沸いてきました。’S’シリーズもかなり気になってはいるのですが、もはやジョグは終わっちまったのでしょうか。
そんでもって、音的にはどうでしょうか。

日記って言うか、実は購入記録簿??  やっぱり独り言かな。のレポートを楽しみにしています。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

sweet 10なんとか、なのか。

今日は結婚記念日らしい。
きっと何年かしたら結婚記念日なんて忘れてまうやろうと、ヨメさんの誕生日の近くの覚えやすい日にしとこうと、「時の記念日」をチョイスしておいたのだが、案の上、わたしは出張からヘロヘロになってもどってくるし、アニは左手骨折でイタイタしいし、ユリは鼻の頭すりむいて○○族の祭りの化粧みたいになってるし・・・、結局、ご馳走もなにもなくおわってしまった。

とりあえず10周年。ちまたではスィート10ダイヤモンドとか、ふざけたことを、いまもしてるんやろうか。
うちには、そんなカネも趣味もないので、知らんぷりをしてるのだが。
あれれ、95年に結婚したから、去年が10周年やったんかねえ?
まいっか。

こんなわたしでも、なんやかんやで10年もつづいているので、ただただヨメさんに感謝です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »