« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

亮 今日の子供ってのは・・・。

『なんかさあー、いっつもオトウばっか出張とか行ってさあ。たまには、オレも連れてってくれよー』
「出張なんてさー、全然おもろくないと思うよ」
『いいのいいの。子供ってーのはさー、そんなとこにあこがれるっつーもんなんだよ』

「行ってみればええやん。亮がスーツ着て行っても、きっとばれんと思うよ」(これは、ママ)
『そうかねえ、意外と親しみやすいとか』 (←このリアクションはナゾ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だだちゃ豆。

050831_182802羽田で「だだちゃ豆」を売ってたので、買ってみた。
今朝採れたやつなんだと。

帰ってさっそく茹でてみる。

マ、マイウー。
作り方がうまかったのか(自分で茹でました!)、もともとそういう豆なのか、甘く、しっかりした味。
枝豆の概念がかわってしまうほど。

ビールもすすむが、枝豆もすすむ。
ちょこっと冷凍保存しとこうと思ったのに、一袋分ペロリと食べてもうた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お帰りなさい、ご主人さま。

050831_150401って、うれしいのかねえ。

これは、アキバのティッシュ配りのお姉さんですが。

メイドカフェ、ついに福岡にもできるらしい、が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青山ブックセンター。

050830_230201読書班の聖地、青山ブックセンターへ。

このお店に、小説の帯にコメントされてるカリスマ店員!?とかいたりするらしい。

やっぱ、おいてある本がちがうべ。チラ見だけでもおなかいっぱい。

夜中でも本屋に集まってくる、虫のような気持ち、わかります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初 地上30mの世界。

050827_181301050827_180903050827_180803
ぢいちゃんちの近所の公園で、「高見親子まつり」なるお祭りがあった。
地域の祭りとしては、かなり盛大な部に入るんぢゃなかろうか。すんごいにぎわいやった。

そんなかで、消防車の展示とかもしていて、ハシゴ車に試乗させてくれるイベントがあった。

下からみあげてもすんげー高さ。
しかし、レスキューの方は、てっぺんからロープを投げ下ろし、そこからスルスルと降りてきた。
「え、オレらも、あそこから降りるんかねえ」

それはなかったのだけど。
ドキドキしながら、りょうとゆりとカゴに乗る。
ゆりはビビッて、直前にギブアップ。

一気に18mくらいまであがる。
その後、仰角75度を維持しながら、30mまであがる。

050827_180901050827_180904うぉー。
気分は、逆バンジー!
360度、さえぎるものは何もない。
風はあったが、そんなに揺れない。アップダウンはいたってスムース。

地上30m、高見の中心で「すげー、すげー」と叫ぶ。
亮は、「絶景ー」とさけんでいる。
後ろから下ものぞく。ハシゴは消防車までほぼ垂直である。
(仰角75度てば、ほんと実感は垂直です)


「も、いいっすか」
カゴを操作する消防署のお兄さんは、いたって冷静である。

その後、暗くなっても、試乗体験をつづけていただいた。
ハシゴ車なんて、一生に一度乗れるか乗れんかやね(亮談)。
ステキなイベント、ありがとう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ビバ、トルコライス!

050826_114303今日の社食。

日替わりメニューはなんと、「トルコライス」。
カツに、カレーに、スパゲッティ、そしてピラフ。
いちどにこれだけのモノが食べられちゃう、なんて欲張りなメニュー。
おこちゃま系メニュー大好き人間にとってはたまらない。

おいしかったです。シェフありがとう。こんなステキなメニューを社食に加えてくれて。
幻のメニューにならないよう、写真とっておきました。

1月に長崎でたべた初トルコライス以来。
北九州では、「トルコライス」どこで食べられるのか知りません。
ファミレスとかにおいたら、結構ハヤルと思うんやけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

モモ ついに罪をおかす。

050825_214601それは一瞬のことやった。らしい。

ママの携帯の充電ができんなあ、と思ったら、
なんと、モモが、携帯の充電器のコードを噛み切っていた!

ええ、ひと咬みで。

ウサギは電気のコードを噛み切ることがあるのでご用心、とは、聞いとったが、モモはいままで、電気のコードなんて噛んだことなかったのに。
ショック大。

こんなとこだけ、ウサギらしくならんでいいのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亡国のイージス。

050825_214701001福井さんの本。

盆前から読み始めて、やっと読み終えた。
「あんたねー、ひとり暮らしやないんやけ、本ばっかり読まんでくれん・・」と毒づく王を尻目に。

読んだ人にもよるんでしょうけど、自分にとってこの本のテーマは「家族愛」なんかなあ。

あいかわらず、イージス艦や戦闘シーンのディテールの描写がすごい。本なのに、映像がフラッシュバックして見える。まさに福井ワールド。
主人公、死ななすぎ(笑)

「終戦のローレライ※」を先に読んでしまっていたので、途中、似たようなシチュエーションに何度か遭遇。いくつか、カラクリに気づいてしまった。読者を裏切る緻密なカラクリは、東野氏の方が得意かも。ま、よく考えたら、「亡国のイージス」の方が、先に書かれるんで、仕掛けが似てくるのはしょうがないのかも。

映画はどうなんでしょうね。
ちょっと観てみたい。
ローレライ。みたいやったらヤダけど。


※この「本」は本当にオススメ。
 全部で4巻もあるのだけど、どんどん読めちゃいます。8月前半~お盆にかけて読むと、リアルでいいかも。
 「映画」とは別モノです。絶対に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モモ 今日のリラックス。

050825_210702050825_210602   ・・・。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

仙台の地震で。

仙台のお友達と連絡がとれました。
プールにいなくてよかったね。無事でなにより。

しかし、想定していた地震と、今回の地震は違うものなのだと。
地震は防ぎようがないらしい。
それは、とっても不安。

日本にいたら、どこでも一緒なのだろうけど。

もーこんやろ。(当分、福岡で、あんなに大きな地震は起こらないでしょう)
うちの周りはそんな感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビバ、宇部商。

われらの宇部商、ついにセイントフォー、あ、まちがえた、ベストフォーですぞ。

好永くん。
いいぢゃん。
なんつったって、ピッチャーで4番ですよ。ステキ。

明日の京都も手ごわいですが、ふふ、宇部商がきっと優勝するのです!
明日は(!?)仕事が手に付かないよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

阿蘇ファームランド。

で、阿蘇まで行けるかねえ?
夜のやまなみハイウェイ。なかなかドライブ怖かったっす。
カドリーなんとか、と迷ったけど、動物とはサファリでさんざん触れ合ったしねえ・・・
結局、目的地を阿蘇ファームランドにして、夜中の12時ごろに一応到着。
けちけちツアーですから、宿泊は当然、車中泊。
コンビニをチェックしつつ、近くの道の駅に泊まる。


早朝、開園前から、阿蘇ファームランドへもどる。

とっても広い駐車場で、キャンピングカーを停めてくつろいでるファミリーもいたし。
トイレもわりとキレイで24時間使えそう。
ここで寝てもよかったかも。ちなみに駐車場は無料です。

050816_110901写真は、阿蘇ファームヴィレッジですね。ドーム型の部屋がきのこのように並ぶ、宿泊施設。
夜眺めるときれいなんでしょうね。

子供たちは、ほぼ貸切状態の「元気の森」で暴れまくる。
運動神経切れ気味の彼らには、ちょうどいいトレーニング。
しかし、迷路ではかなり迷って死にそうになってた。朝だったから少しはマシやけど、こりゃ炎天下ではさせられんね。


阿蘇火山温泉 (★★★★☆:阿蘇)。

今なら、元気の森の半券を持っていくと、阿蘇火山温泉が半額の500円で入浴できるんです。

この温泉がこれまた、かなり広い。男湯1,000坪、女湯1,000坪だって。
いたるところに、サウナ、サウナ・・・。
露天部分が広くて、素っ裸で歩くとすんごい開放的!

亮と、久々にサウナ→水ぶろ大会を満喫でした。

まだまだまわれていない施設が多い。
ここだけで一大産業やね。


帰りは、ママと交代で運転。
もー、阿蘇ってどっから行っても遠いねえ。
いきあたりばったりで、九州半周くらいしてもうた(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ぬるかわ温泉。

050815_205303ぬるかわ温泉 (★★★☆☆:湯布院)。

お風呂は湯布院かねえ・・・とかいいながら、湯布院をめざすも、お気に入りの「湯布院ハイツ」は「ゆふいん七色の風」とかなんとかいう施設に変わっていた。(内容は変わっていないかも)
しかも、入浴のみの時間は終了。

「下ん湯」に行こうとしたけど、暗くて怖くて・・、
結局、金鱗湖近くの、「ぬるかわ温泉」へ。

家族風呂しか空いてなかったんやけど、これがまたちょっとしたプライベート感をあおる。
とても清潔で、備品もそろっている。
お湯もいいよねえ。
都合6人でジャブジャブと。

つーか、ちょっと熱いんやないかい!
わしゃ温泉卵か。
しかし、普段から銭湯がわりに温泉につかる、鹿児島在住の姪っ子たちには、これくらいがちょうど良いらしい。

湯上りもさっぱり。
すずんでると、金鱗湖方面に、おーきな花火が見えました。近くで花火大会でもあったのでしょうか。

-----
ぬるかわ温泉
大分県大分郡湯布院町川上1490
TEL 0977-84-2869
家族風呂:大人2人で1,500円でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いきあたりばったりツアー2005夏。

050815_172801「パパ休みいつまで?」
『ん、明日まで・・』
「えー、短いねえ」
ラーメン食べ終わって帰途の車中。
残された休み。姪っ子たちも来ていたので、どっか連れていってやろうか、ってことになって。

思い立って、家を出たのが15時!
とりあえず、安心院のアフリカンサファリへ。

夏休み期間は、「ナイトサファリ」をやっていて、それが見たくて。
じつは、園内に泊まれるTeePeeキャンプに行きたかったんやけど、さすがに予約ナシでは・・・

ナイトサファリは、17時からの入園に適用。
通常料金2,300円+ジャングルバス1,000円のところが、2,500円(ジャングルバス付き)。
やっぱり、サファリなら、ジャングルバスがオススメ。
ナイトの一番バス18:50に乗ることができたし、お兄さんのガイドも爆笑モン。

なんと、今日のお昼のバスは4時間待ちやったんって。暑さで動物もクタクタやし、人間もやっとバスに乗れたころには・・・

ライオンが立ってエサをむさぼるのを、間近に。
ゾウは身体のかゆいとこを、バスで掻く。
思っていたよりでかい、鹿の角。
バイソンは、おっさん。

ゆりが怖がるかと思ったけど、意外と、平気でエサをやっていた。というか、目を離した隙にトンビにさらわれていた。
「これがほんとの、トンビに油揚げさらわれる、やね」とかいいながら。

ちなみに、ナイトでは、昼の動物を引っ込めて、夜用にイキのいいヤツに入れ替えるらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大竜軒。

050815_123201050815_124702
実家からの帰り、門司でラーメンを食べようということになって、昔よく行っていた「長浜とん平」をめざすも、お盆で休み。
前から気になっていた、向かい側の「大竜軒」へ。

この店のオープン時を見ていたが、まさかここまで持つとは(失礼)
とおもいながらも暖簾(のれん)をくぐる。

混ざりけのない、とんこつスープ。
麺はちょっと太めのストレート麺。(オイラはチョー細めんが好きなのですが)
モヤシの量も適量で、とんこつ特有のザラザラしたスープが美味。
純粋な「とんこつ味」が好きなら、おすすめです。
いまどき一杯500円、替玉100円も良心的。

ちょうどお昼どきということもあり、カウンター内は戦場と化す。
マスターvsおばちゃんたちの攻防がみもの。

■大竜軒
093-372-2067
北九州市門司区中町4-18-1F

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リンおじさんです。

050813_184401親戚の家のボス。

リンです。

スゴい迫力。
彼ににらまれたら、猫パンチどこじゃすまんらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やまぐち号。ポォ~。

050813_102802親戚のおいちゃんの初盆に向かう道すがら、SLやまぐち号を見に行く。

ちょうど、新山口駅から出発するところ。
じつは、間近で見るのは初めてやったりする。

シュッシュッと動き出す、やまぐち号。
手に触れる距離のSLってば、ど迫力。
あとでV観ると、思わず「アッチャン、カッコイイーー」って叫んでいた(笑)
♪ブユウデン、ブユウデン・・・

しかし、汽笛って、なんであんなにさびしい響きなんやろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亮 9歳になる。

050813_204001今日で9歳、おめでとう。

「スイカの90%は水分・・・」
なんてつぶやきながら、スイカを食べる雑学王。
この前は、真ミドリ色のう○ちをしてびつくりさせたけど、大丈夫なのだろうか?
ブルーハワイのかき氷のせいだけかしら。

テレビで野球とかギターとかの天才少年ものを観て、「オレには一生続けられるモノがない」と頭を抱えるが、
お前はまだ9歳だ。大丈夫、人生はじまったばかり。
おとうなんて、この年になって、何一つまわりに誇れるものがないぞ(笑)

そんな彼のもっぱらの心配のタネは、
「モモはメスやから、もうすぐ子供が生まれるよ。どうしよう・・・」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リメンバー御巣鷹山。

福岡空港を離陸直後のホノルル行きJALウェイズ58便がエンジンから出火、同機は引き返し福岡空港に緊急着陸-----

まさに、今日はJAL123便が御巣鷹山に没した日。
あれから20年、「御巣鷹を忘れるな」ってことだろう。

しかし、あの事故は、まだまだ解せない点が多い。
原因は、ほんとうに圧力隔壁の破損だけなのか。
自衛隊の誤射説や、無人標的機接触説。米軍の・・・説。
ウワサはいろいろあったが。
結局、うやむやなうちに終わってないか。

某サイトでJAL123機のボイスレコーダのファイルを入手した。

「もーだめだ」
事故調の報告には掲載されていない、機長の最後の言葉。
どんな心境やったろう。

乗っていた人たちにもいろいろな人生があっただろうが、
500人の命を救うため最善をつくしたクルーの、壮絶な最期は、涙なくては聞けない。

今日のマスコミは、朝から晩までやれ御巣鷹の悲劇から20年目だと騒いでたようだが、

「遺族や関係者にとって『20年目』は節目でもなんでもない。何年目だろうが忘れられないのだ」
上野村の元村長さん?の言葉は重い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダイハツ・ミゼット。

050807_104301西展の「昭和の遊びとおもちゃ展」にて。

てんとう虫とともに、ダイハツ・ミゼットを発見。
そーとーカワイイ。
いま売っても、多分爆発的なヒットやろう。

リメイクしたミゼットもいいけど、ちょっと近代的やしね。

どうでしょう、この顔。
にくめない。
これで、キャンプに行きたい(あほか)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

干からびたチーズ解散。

ついに。

「日本刷新解散」(民主党・岡田克也代表)
「行き詰まり解散」(共産党・志位和夫委員長)
「八つ当たり解散、わがまま解散」(社民党・福島瑞穂党首)

なんといても、
「干からびたチーズ解散」 by加藤紘一元幹事長でしょ。

昨日の官邸から出てきた森さんの話だと、官邸には外国のビールが10本と、干からびたチーズとサーモンしかなかった・・・らしい。
そんな変人とは、さすがの森さんもつきあえんのんやろう。
森さんもカナリイタイけどね。

国民を無視したような、衆議院解散→総選挙だなんて、とっても無駄遣いではないのか。
おカネも時間も。
なにが、クールビズだ。

こうしている間にも、国の借金はどんどんふくらんでるし、我々の年金はどんどん減っている(つーか、あるのか!?)。
子供たちの教育レベルはさがるし、ニートは増えるし、自殺は減らない、介護の手は足りない。
郵政民営化かなんか知らんけど、ほかにやらないけんことは、いっぱいある。

わたしは、(今のわけのわからん)郵政民営化には反対だ。
おかげで、かんぽの宿に勤めていた「妹」は職を失った。
自民党をぶっ壊すのは勝手だけど、一家を支えている妹の暮らしをぶっ壊したのは、

許せない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒリヒリ。

adventure_240早起きして、アドベンチャープールへ。

新しい道路ができてから、ずいぶん近くなりました。
9:30でも、結構な人がいてびっくり。(そんな早うからプールにはこんやろー、と思ってたのだが)

これは波のプール。
15分間隔でけっこうな波が起こります。

うちらは、もっぱら流れるプールでずーっと、もぐったり、流されたりしてました。

昼ごろには人がわんさかあふれてきたのであがったんやけど、
帰ったら肩と背中がヒリヒリ。

日焼け止め塗ったんやけど。日差しをあまくみてはいけないね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ナゾの動物。

050804_211602050804_210801ママがなでなでしてたら、横になったまま眠ってしまった。

モモさんったら。

うさぎは目をあけたまま寝る。(いつ敵が来ても逃げられるように)
って本には書いてましたが。

もう、ウサギぢゃなくなってますね。
モモさん、かなり野生を忘れてきてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天才少女伝説。

050804_214801Number 633号。
雑誌王としては、迷わず買いです(笑)

寺川綾さま。アメリカ・ロスに拠点を移したらしい。写真を見ると、ちょっといけない方向になりつつあるが、2008年北京五輪では、きっとビックになって戻ってくるだろう。

kubotakaイチオシ、注目株。
丹野麻美さん(たんのあさみ:陸上400m)
井上望さん(いのうえのぞみ:バスケ)
ばっちし載ってましたね。

あと、幸い!?Numberには載ってなかったんやけど、
天才少女といえば

南野弥生さん(みなみのやよい:陸上棒高跳び)

でしょう。
この娘はくるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆり 今日の夏のアドヴァイス。

「アツいなあ~、会社行きたくないよ~」
『パパ、帽子かぶって行き!』

| | Comments (0) | TrackBack (0)

8月のテンプレート。

Camp行きたいねえ・・・
モモのおかげで、なかなか遠出できませんが。

今月は「Summer Camping」で、ナツ気分。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »