« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

よいお年を。

2005年もあとわずか。
数あるブログのなかから、ココを読んでいただきまして、ホントにありがとうございました。

皆さんにとってどんな年でしたか?
わたしは、ホントに駆け足の1年でしたね。

じつは、1年の長さって、毎年短くなっているらしいですよ。
(このネタ、いつも書いてる^-^;)

たとえば、9歳の息子であれば、1/9年。
36歳のおっさんであれば、1/36年。

それだけ凝縮されているということなのか、ただ時間が流れているだけなのか・・・
ナガレに負けないようにせねば。

来年はイヌ年らしいですね。
うちの年賀状には、モモ(うさぎ)のみの出演となりますがー。


さて、今日のTV欄みると、
深夜に「ペイ・フォワード 可能の王国」をやるようです。(こっちだけでしょうか)
映画はちょっと残念でしたが、原作はかなり好きでした。

「世界を変えるためには」という社会科の宿題で、11歳のトレバーが考えた答えは。

1人の人が3人に良いことをします。
それをしてもらった人は、さらに3人に良いことをします。
それをしてもらった人は、さらにつぎの3人に・・・
(次へ渡す→ペイ・フォワード)


じつは、某イベントの企画で、うちでも「ペイ・フォワード大作戦」をやろうよと提案したんやけど、
みんな「キョトン」(笑)

一人ひとりが変われば、世界は変わる。
ええ、変わるんですよ。

ヒマがあったら、映画観てみてくださいね。


そんなこんなで、来年もひとつよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白夜行。

051231_165101分厚っ。

860P 1,000円なり。文庫なのに。
トナリは、さっき買ってきた模倣犯(これでも十分厚いのだけれど)

白夜行。
私のなかで、今年よんだ本のなかでは、海辺のカフカとならんで、上位を占める。

「超」長編ミステリー。
ミステリーといいながらも、ヒガシノ読者ならば、途中でだいたい話がわかってしまう。
伏線にしてはちょっとバレバレ!?が多いのは、作戦なのだろうか?
しかし、そんなミステリーはどうでもよくなってしまうほど、引き込まれていく。
切ないというか。なんというか。
怖いんだよねえ。

長編といえば、今年のマイ読書班のなかでは、福井敏晴氏。
彼の場合は説明が緻密で、長編になってしまうんだと思う。
ストーリーにたいして関係ない!銃器の説明。私は大好き。
エンジニアにはたまらないが、興味ない人には受け入れられんかも。

さて、白夜行。
だいぶ前に読んではいたのですが、年明けにドラマがスタートするらしく・・・、ちょっとひっぱりだしてみた。
どんなドラマになるんやろうか。
ドラマ化は反対やけど・・・

こわいもの見たさに。
TBS 1月12日(木)21時スタート

白夜行(TBS)
 注)これから小説読んぢゃろうと思う人は、ネタバレありなので・・・まず小説読んでから見たほうがよいでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震雲!?

051230_115001
飛行機雲とは思うんやけど、4本もあったもんで。

近々、地震なんかあったりしてー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年はまだまだ。

世間では仕事納めだなんだといってますが、わたしの仕事は、まだまだ終わらず・・・
まあ好きでやってますから。

今年(来年?)こそ、がんばったみなさんがむくわれるとき。
わたしは、陰ながらできることをがんばるだけです。
年の瀬ながらモチベーションはマックスで。

そんな記事を書いているそばから、
「こんにちは、エロパパくん」
って、ゆりの声が・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

それってセクハラっすか?

ゆりのおけつをさわったでけで、

「それってセクハラよー」
「わーセクハラおやぢー」
っと子供たち。

『ええやないかい、減るもんやなしっ』
『自分の子供のシリさわったらいかんのかい。ええーっ』
あんなプリッとした桃が目の前にあると、ついつい手が・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明石家サンタ。

明石家サンタ史上最大のクリスマスプレゼントショー2005

じつは、毎年リアルタイムで観ていたりします。
もちろんいまも・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

デル ジョルノ。

051224_145902Merry Christmas!

うちは、まったくクリスマスムードのかけらもない、イヴ(笑)
おかげで、今年はのんびりと過ごすことができました。

昼すぎに、一家で横代にある「デル ジョルノ」でランチ。
生パスタのお店ですね。
最近ハマってて、じつは、今月2度目のデルジョルっす。

いつもお店はいっぱいなんですが、ランチタイム終了ぎりぎりと、今日は時間をはずしてたこともあり、すぐにテーブルに座れました。

デルジョルは、生パスタ。
おいしいのはもちろんですが、ボリュームもかなりあって、種類も豊富。
スタッフの対応もキビキビと気持ちよく、こぢゃれたお店にもかかわらず、子連れでも安心。

051224_143401わが家では、いつも家族でベースが違うモノを注文して、まわしながら4種類の味あうシステムになっております。

これは、パスタの定番、カルボナーラですね。
くどくなく、ちょっと大人の味!でとっても美味。

そのほか、日替わりも、オリジナリティあふれてて、好感が持てますね。
パスタ好きの方に、ぜひトライしていただきたいお店です。


■生パスタのお店 デル ジョルノ Italia
 北九州市小倉南区横代東町4丁目10-3
 10号線バイパス→横代IC近くのロイヤルホストを農事センター方面に曲がる→舞ヶ丘を左にながめつつ道なりに進行して右手
 phone 093-965-2323
 営業 11:30~21:30 (Last Order 21:00)
 定休日 木曜日

*Lunch Time 11:30~15:00
 ランチパスタ 720円 スパゲティ4~5種類から1種類
 ランチセット 930円~ スープ・サラダ・ガーリックトースト付き

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょっとだけおめかし。

051221_175201ようやく。
chabbitさんへ、注文していた彩仍さんの本を取りに行くことができました。

今回もまた、内田彩仍さん with chabbitさんからのおまけがもりだくさん。

本の内容は、「おうちがいちばん」から、さらにグレードアップ。
ひそかに登場しているmame.さんをながめながら、ほっこりしとります。

内田さんの暮らしとは程遠いわが家ですが(笑)、本を眺めているときだけでもそんな気分で・・・

| | Comments (0) | TrackBack (2)

増合疑惑。

051220_203901売切の増合って・・・

ある意味隠れ家的なこのお店。
味は確かなのですが、バイトもイタイ人が多いので笑えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北九州も冬景色。

051218_001001051218_001101

2005年12月18日00時10分。

「外、ユキつもっとーよー」と王の情報。
玄関あけたら、そこは雪国だった。

どうりで、さっきから、あたりがしんしんとしている。

今日の「この冬一番の寒さ」は、本当に一番かも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電子レンジ購入。

051217_181101だましだまし使っていた、電子レンジがついに火曜日に永眠。
昨年から今年、ことごとく家電がいかれてる。
そういう時期なんかねえ。
しまえた電子レンジは、私が1人暮らしのときに使っていたもので、なんと11歳!
人間の歳に換算すると、88歳はゆうに超えている。
よく働いてくれました。ありがとう。

失ってはじめて、電子レンジのありがたみもわかる。
この寒い時期に、レンジがないと、かなりつらい。
「もー、ごはんがカピカピなんよ。どーにかしてっ」とゆり。

『いま買うなら、やっぱヘルシオでしょ』
「へ、へるしおってなん? あんた、なんで電子レンジが9万もするん?」
『ぢゃあ、せめて、パンを2段で焼きたいんですけど・・・』
せめてのお願いは、なんとか受け入れてもらえたようだ。

んでもって、信頼できる店員さんのいる、いきつけの量販店へGO!
量販店にはイタイ店員も多いのだが、いや、イタイ店員「が」多いのだが、とりわけ彼の知識は大変豊富で、私のQにも的確に回答してくれる。
そして、彼こそが、私が唯一強気でネゴできる(笑)お兄さんでもあったりする。

「鼻血がでます。かんべんしてください」
つーくらい、今日も何回もレジと現場を往復していただきました。
限定特価でも、まだまだ価格は下がるものなのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天使になった歌姫 本田美奈子.

金曜エンタテイメント、見たかい。
先ごろ帰らぬ人となった経緯は、みなさんご存知のところでしょう。

正直いうと、私のなかで本田美奈子.はマリリンでとまっていたんやけど。
♪アメイジング・グレイスを聞いて、おもわず鳥肌が立った。

彼女の気が、
彼女の持っているすべてが、
身体のなかに入り込んで来る。
単なる歌を超越したものだった。

歌が生きている。

魂が宿っている。とはこのことだろうか。


「失くしてはじめてわかるものがある」
先日聞いた、南蔵院・林住職の講演のなかでも、あったけど。
ふだん何気に暮らしているけど、健康である喜びは、今はきづかない。
安全に暮らせることの喜びは、登下校さえもゆううつなこのごろになって、ようやくわかってきた。

本田美奈子.さんは、最期まで周囲への気配りを忘れなかったそうだ。
思いやりのある、やさしい人だった。
自分が一番つらい状況のなかで、そこまで強くいられたのはナゼ?

「私は太陽が大好き。自分が太陽になりたいと思っているくらい」

きっと、彼女は太陽になったんだと思う。


アメイジング・グレイス~クラシカル・ミニ・ベスト
 ココでアメイジング・グレイス、試聴できます。
 とくに、ライブ映像は、きます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

たいようのおなら。

051216_232702「いぬ」

いぬは

わるい

めつきはしない


子供の詩集「たいようのおなら」
灰谷健次郎 編 長 新太 絵  より。

読書班からのおすすめ図書(とっておき)の回覧。
ヤバイ。
とっても気に入ってしまったので、自分用にも買ってしまった。

どうしてこんな(すごい)言葉がでてくるのだろう。
ピュアな心。おっさんにもあったのだろうか。


「おとうさん」
あさごはんをたべていた
おかあさんがおとうさんを
ちっとも かまわないから
おとうさんは こういった
どうせ おかあさんは
よそのおとうさんのほうがいいんだな
すると おかあさんは
いいえ いいえ
あなたがいちばんすきですよ
といいました
みんな大わらいでした


そういえば学生時代、
文系エンジニア!?の私は、
国語の教官が提唱した「詩のこころを読む」会、なるものに参加していた。
たいしたサークルではないのだが、茨木のり子さんの「詩のこころを読む」という本を読みながら、「詩」を語るという会。
この本、いわゆる詩のオムニバス盤。
とっつきやすいので、おすすめ。


なかでも、12歳でこの世を去った、岡真史氏の「みちでバッタリ」という詩が大好きだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キヨスクの白石さん。

051213_221501
ゲキ寒ですねー。

北九州でも、普通に雪が舞ってます。

そんなこのごろ、あえて「貼らないタイプ!」いかがでしょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

負けるなツヨシ。

ちょっと見ない間に、WATTI.NETが大変なことになってました。
BBSがかわいそうなことになってます。
結婚についての批判、中傷・・・
みんなショックやったんやろうね。
「おすぎ」さん、月曜からとってもブルーでしたし。

わたしは、(本人たちがうれしそうだったので)、別にいいぢゃんって思ってますけど。
和田くんが今回の件で、誰かに迷惑かけた?

なして結婚したと?
なーんて、いわれていい気分なわけないやん。
なんで、みんな素直によろこんでやれんのやろうか・・・。

BBS、しばらく閉鎖した方がいいと思ってたんですが、
「みなさんの意見に正面から向き合おうと思って閉鎖しませんでした」
彼は強いねえ。
さすが、新人にもかかわらず、ジョーのサインに首を振る(伝説の!)だけのことはあるぞ。

ええ、ホークスファンはもちろん祝福&応援してますよ。


和田毅 オフィシャルサイト -WATTI.NET-
 http://www.watti.net/index.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HOMESIC。

051211_141101051211_141901秋に移転したHOMESICさん。
わが家には近くなったんですが、なかなか行く機会がなく、今回移転後はじめて行ってみました。

ずいぶん立派な!お店になっちゃいましたね。
聞いてみると、大畠にあった倉庫も全部ココに集約したんだそうです。
小倉駅北口の雰囲気も好きだったんやけど。

そういえば、DMが来てました。

「NEW ARRIVAL FAIR & CLEARANCE」
12/17~25、HOMESIC移転後、初めてのイベント。
HOMESICお得意のデンマークユーズド。コンテナが入ったみたいです。


HOMESIC
 北九州市小倉南区蜷田若園1-9-28

| | Comments (2) | TrackBack (0)

POSY。

051211_155501沼のお花やさん。

ふらりと立ち寄り。
沼って、うちからワリと近くてびっくり。
そうそう、ウワサの雑貨たちもおいてある。

以前は、冬に花なんて・・・って思ってましたが、冬らしいかわいい花もいっぱいあるんですねー。

■POSY
 小倉南区沼緑町1丁目12-2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フレンズ作品展。

sakuhin2_400051211_115301新しい雑貨屋さん?
いいえ、これは、ゆりの幼稚園。

今日はフレンズ幼稚園の作品展。
お菓子屋、帽子屋、クリスマス屋・・・、かわいいお店が本日限定オープン。

身の回りにあるもので、みんなが作って持ち寄り展。
火曜日にはみんなでお店をまわってお買い物。その下調べの日でもあるのです。

毎年ながら、かわいい作品たちにおもわず笑みが。

yuki_400sakuhin5_200sakuhin7_400sakuhin6_400

今日は、30周年記念でリニューアルした、新園舎のおひろめでもあります。
ずいぶん広くゆったりなったし、なによりも木をふんだんにつかってあるので、とっても落ち着きます。
教室の床も、階段も、毎日手や足がふれるところが、木のぬくもりに包まれている。
あたらしい木の香り大好き。ずっと匂いをかいでいたいね。

friends1_400friends2_400friends3_400

051211_123703

そういえば、工事のため、うさぎ小屋が道路際に移転されてました。

ひょっとして、モモのお母さん?

兄弟かも?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

和田くんおめでとう。

仲根かすみさんって聞いて、すぐに顔が思い浮かばないんやけど。
ま、和田くんが選んだのだから、間違いはないのでしょう。
フランス語もしゃべれる!?し。

「すぽると」で共演したくらいで、結婚まで発展するのか?ということですが、
出会いは、03年4月から。
まじめにアイをはぐくんでたのです。

和田くんといえば、生で試合をじーっと見てても、けん制のタイミングがまったくわからん。くらいすばやい。
甘いマスクですが、本質はスポーツマン(しかも頭がいい)。すばやいのです。

まあ、お相手が仲根かすみさんでよかったです。
これが、葉月麗緒菜さんだったら、どっちがどっちかわからなくなるので。

ちなみに、ヤフードームで和田くんのテーマは、♪SMOKE ON THE WATERです。

ちなみ2、仲根かすみ(本名:仲宗根可澄美)さんは、生ダラのねずみっ子クラブ出身!です。

ちなみ3、前選手会長:ノブヒコ・マツナカ氏。
12月10日はスタッフとのお礼をこめたゴルフコンペで、イン40/アウト37の77。
昔から変わってなければ、(王監督ゆずりの)利き手でない右打ちでスイングのはず。
うまい人は何やらせても、うまい。
くーっ。


和田毅 オフィシャルサイト -WATTI.NET-
 http://www.watti.net/index.html

 12月11日7時AM現在コメントはまだなし。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ゆり 今日のどうしてもほしいもの。

風呂に入りながら・・・
いつになったらクルマに乗れるのか(自分で運転できるのか)という話になり、

「免許が取れるのは18歳からやね。18歳になったら車買うちゃろうか」
『えー、ゆりクルマいらん』
「ぢゃ、なんか好きなもん買えば。お金ためとくけ」
『ゆり、いま6歳やけ、6円ちょうだい』
「6円でええの?」
『うん、6円くれたら、ミミセン買う』

「・・・」

「ぢゃ、サンタさんにお願いしとこうか?」
『うん、ミミセンとなんかプレゼントをお願いする』

み、耳栓って・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

模倣犯。

051208_234101ついに文庫で登場。

ようやく1巻を読み終えました。

これって、中居くんが映画やってたやつかねえ?
ま、ストーリーなんて全然覚えてないので、新鮮に入りこんでますが。

5巻まででるんだって。えっ、1巻でかなり進展してますけど、この先どうなる?
当分、通勤の友になりそうですよ。


ところで、オイラの「東京タワー」どこに行ったんやろ。
まだ途中やったのに・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

NoMoNo。

051203_141101051203_141501

ずっと前、frou-frouさん(充電中 :-P)に教えてもらってた、NoMoNoさんへ。

木の小物たちや家具。
あと、奥さまがつくられるシンプルで、それでいてあたたかい陶器がならぶ。

ちょっと前のDuomoの「超わかりにくいお店選手権」に出たらしいのですが、「それって失礼ですよねー」と笑ってらっしゃいました。
確かにわかりにくいお店ですけどね。そこがええのです。

frou-frouさんちの看板!?オブジェ、写真も見せてもらいました。

「こんなとこに夫婦で来られるのはめずらしいです」と話がはずみ・・・ なぜだか、ガムをもらいました。
んでもって、かっこいい看板の作り方を、ちょこっと教えてもらう。

うちの表札が白くなってたら、それはNoMoNoさんのパクリです(笑)

051208_225901連れてかえったのは、このシェルフ→

ほかにも欲しいものがあったんやけど。

ちなみに、中身の雑貨たちは、spoonfulさんとMELIA NOCEさんちから。


■NoMoNo
 福岡市南区大楠2-17-3 210号
 TEL:090-3600-3106
 11:00-19:00 金・土・日のみ

隣のトナリの・・・203号は、BIBBIDI BOBBIDI BOO brocanteさん(買い付けのためお休みでした)ですね。
福岡はいいねえ。(北九とちがって)ステキなお店がいっぱいあって・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

くちぶえサンドイッチ。

051125_214802旅に出たくなるし、
本屋になりたかった夢が、ふつふつと再燃。
こまった。コマッタ。

「にこ」ちゃんがいわせんね。かわいい。

松浦弥太郎さんのエッセイ集。
氏が手がける本屋、中目黒にある牛のマークの本屋 COW BOOKSで購入しました。

牛のスピード感!
なるほど。


白石さんといい、最近の私のまわりはちょっとした「牛ブーム」。

COW BOOKS
 12:00~21:00

| | Comments (0) | TrackBack (0)

流木人。

051203_124601001051203_124701

木工系で気になっていた、香椎の「流木人」さんへ。

(木人拳を思い出すのは、私だけでしょう、ね)

店内にあるテーブルがいい味だしてます。
しっかりしたつくり。ステキな色使い。
お店の奥から、ウィンウーィン聞こえてきます。なにやら製作中?

ちょうど、お買い上げ→積み込みされている、あのかっこいいテーブルが3万円だって。
わりと安いかもよ。

流木人
 福岡市東区香椎浜4丁目2-2 ネクサスワールド スティーブンホール棟104
 10:00~18:30 休日:第1・3日曜日、第2・4水曜日


(じつは、このお店に行く直前で、大事件発生。 へ、ヘコムぜ・・・)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ふらごはん。

051203_203701平尾の「ふらごはん」。
ばあちゃんち。ってカンジです。
裸電球がぶらさがる内装もステキ。

メイン+みそ汁+お野菜の定食スタイル。
野菜の盛り合わせの品数とボリュームにびつくり。

こんなちょっと大きめの楕円のお皿は、こういう風に使うんやねー。
これは、わが家のメニューに使えるかも。

051203_205602のんびり、おいしくいただきました。
ここだけ、時間がゆっくり流れている・・・


■ふらごはん
福岡市中央区平尾2-17-21
10:00〜14:00/17:00〜22:00
休日:日曜・祝日

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »