« ナナばな。 | Main | 一周忌。 »

いぬのえいが。

card1<ネタバレ注意:まだ観てない人は気をつけて>

TSUTAYAで、子ぎつねヘレンを観る前に・・・みたいなコーナーにあった「いぬのえいが」ってのを借りてきた。
ちょうどナナも来たことやし。

数本の短編がリレー形式でつながる、オムニバス映画。そのうち数本を紹介すると。

始まりは、ミュージカル風な「うちの子No.1」。
そして、美咲ちゃんのCMのヤツ。
ちょっとハズしたか。
これだから邦画は×××
なーんておもってたら、

「ポチは待っていた」シリーズがはじまる。
獅童さんと、柴犬ポチの物語。
ちょっとポチ。けなげすぎるよ。
これ、ちょっといいかも。

あいだに入る「犬語」。
これは、バイリンガルの開発秘話なんだとか。
ココはとにかく、一家で大爆笑!

ふたたび、「ポチは待っていた」シリーズ。
大人になった獅童が、小さいときにポチと一緒に遊んだ空き地をたずねる。
夜中にポチの幻をみる。
まさに、「今、ポチに会いにいきます・・・」
ちょっと涙腺ゆるむ。
いろんな伏線がしかけてあって、短編の間はあくんやけど、子供でもストーリーが追いかけられる。

「A Dog's Life」
最後のアニメ。とってもブラック。
人間の、とても勝手な部分がクローズアップされる。
最後の最後、これも夢なのか・・・

「ねえ、マリモ」
これはねえ・・・

ずるいですね。
ほとんどセリフがないけど。
コテコテです。
涙腺は崩壊。
とめどもなく、流れる涙。そして鼻水。
ティッシュの山、やま、ヤマ・・・

一家の75%が泣き崩れました(当社比)。

マリモがかわいすぎる。もちろん、宮崎あおいちゃんもかわいすぎるのだけど。
マリモの目線からのメッセージ。
これ、ずるいよなあ。
作り手の狙いどおりだとおもうのですが、絶対に泣かされてしまいますね。
これ、泣かんかったらたいしたもんだ。


-----
まあ、冷静に考えると、全体的にたいした映画ではないのですが。

犬を飼ったことがあるあなた。
そのワンちゃんが天国に行っちゃったあなた。
(ちなみに、自分は2匹、ママは1匹、飼い犬の死を看取りましたね)

そして、いま泣きたいあなた。
「いぬのえいが」(ちょっとたいくつでしょうが)最初から通して観てみてね。

|

« ナナばな。 | Main | 一周忌。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51503/8902206

Listed below are links to weblogs that reference いぬのえいが。:

« ナナばな。 | Main | 一周忌。 »