温泉

花いろ。

060507_125602花いろ (★★★☆☆)

別府に温泉でも入りに行こうか、とふら~と出て、まっぷるマガジンでみつけた、豊後高田の温泉に行くことに。
ナビででてこんかったので、少々迷ったが、なんとか到着。

公共の施設っぽいシンプルなつくり。ジムも備えてます。
お客は、地元のじいじ&ばあばが少々。
清潔でひろびろとした設備に好感がもてる。
お湯は、ほのかな消毒臭(笑)
まあ、ゆったりつかって、ゆっくりサウナに入ることができました。

あがったあとにくつろげる、畳の休憩所がうれしい。
なによりも、大人300円という低価格が○。

健康交流センター 花いろ
大分県豊後高田市美和1335番地-1
phone 0978-22-1155 fax 0978-22-1211

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬼石の湯。

060107_154401060107_154602鬼石の湯 (★★★★☆:別府鉄輪温泉)。

温泉いきたいねえ。
と、昼から、ふらりと別府へ。

今日は、地獄めぐりのなかにある鬼石の湯へ。
温泉にいくまでに、坊主地獄が丸見え。ボッコボッコ坊主頭がすごい。

こじんまりとしながらも清潔な施設。
お湯がいい。もちろん掛け流し。
檜の湯船に、鬼柚子とかいう(尋常でなく)でかい柚子がうかべてあって、いい香り。

ココの温泉は、混雑時でも最大24人までしか受け付けないらしい。今日もそこそこの貸切感が味わえた。
女子もよくある「芋の子」状態ではなかったようだ。
これは、かなりうれしい。

2F建ての露天風呂施設には、1Fにも2Fにも露天風呂。
2Fは展望風呂ということで、周りよりちょっと高くなっており、坊主地獄のお客さんのすがたがバッチリ見える。
ってことはうちらも・・・

2002年オープン。
鬼石坊主地獄の敷地の奥にあります。

別府温泉 鬼石の湯
 大分県別府市鉄輪559-1
 8時~22時(土・日・祝)・10時~21時(平日) 定休日:火曜日
 大人 500円 小学生 300円 幼児 200円 家族湯 1,500円(60分 4名様迄)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

もみじの湯。

050430_181701もみじの湯 (★★★☆☆:深耶馬渓温泉郷)。

久々のいきあたりばったりツアー。

とくに予定もたててなかったGW前半。温泉でも行きたいねえ~、と、近くの温泉を探しはじめた。
豊前系はほとんど制覇したし、いつも人が多いのでちょっと・・というカンジなのだが、
「たしか耶馬溪に新しい温泉ができたはず」とのズボラ王の情報をもとに、たぶんこれやろ、とwebでわずかな情報をピックアップ。
家を出たのは15時ごろ(笑)
明日もとくになんもないし、ゆっくり風呂に入ってかえるつもりで。

途中、三光村のジャスコなんかによって、結局たどりついたのは18時すぎ。
耶馬溪はわりと近いんだけど、耶馬溪→深耶馬渓って結構距離あるのね。最近行ってなかったので、すっかり忘れてた。耶馬溪ダムをあがってから、途中前後にクルマが一台もいなくなって、泣きそうになる。

昨日行った、「もみじの湯」は、2004年10月30日オープン。
時間的に人が少なく、貸切状態で、亮とひさびさ素潜り大会(笑)
露天風呂もゆったりしていて、気持ちいい。
源泉かけ流しで、最近の温泉センター系にある、プールのにおいが皆無なのがうれしい。

ちょいぬるぬる系のお湯。
500円は周囲に比べて高めの価格設定。こんなん建てられたら、うちのお客が奪われる!と当初からクレームをつけている、まわりに配慮しているようだ。
なんてったって、近くにある耶馬○観光ホテル。か、観光ホテル!?ってカンジやもんね。


おかげさまで、
久々、うぉぉ~と叫びながら、ゆったりお湯につかることができた。

こういうとき、「じゃ、今度はわたしがお背中ながしましょう」とすりよって来る亮(8歳)は、やはり年齢詐称だと思う。

なによりも、新しい施設。施設全体に木がふんだんにつかってあって、とっても気持ちがいい。


-----
深耶馬温泉館 もみじの湯
料金:大人500円 子供300円
TEL 0979-55-2770

詳細地図

| | Comments (0) | TrackBack (0)